Greenhouse gases observing satellite GOSAT  "IBUKI"

人工衛星「いぶき」GOSATのWEBサイト

 

Our planet is changing.

いぶきがとらえたCO濃度シミュレーション

 

News & Topics

ニュース一覧
人工衛星「いぶき」後継機GOSAT−2のサイト GOSAT人工衛星「いぶき」で取得したプロダクトはGUIGのWEBサイトから一般に公開しています。 GOSAT人工衛星「いぶき」についてわかりやすく説明している子どもも楽しめるWEBサイトです
Welcome to GOSAT website
3機関がタッグを組んだ、地球観測人工衛星「いぶき」

 GOSAT( 温室効果ガス観測技術衛星、Greenhouse gases Observing SATellite、愛称「いぶき」)は、主要な温室効果ガスである二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的とした世界初の衛星です。2009年1月23 日に打ち上げが成功し、現在も順調に観測を続けています。

 観測データを解析することによって、二酸化炭素とメタンの全球にわたっての分布や、これらの温室効果ガスが地球上のどの地域で排出され、吸収されているかといった収支について、地理的分布とその季節変動、年々変動を知ることができます。これらは、地球温暖化の原因物質の挙動に関する科学的な理解を深めるのに役立てられるとともに、将来の気候変化予測の高度化や炭素排出削減施策などの温暖化対策に係る基礎情報として活用されます。GOSAT プロジェクトは、環境省(MOE)、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で推進しています。

サイトポリシー   |   プライバシーポリシー   |    関連リンク    |    用語略語集

    Copyright © National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

人工衛星「いぶき」GOSAT