Greenhouse gases observing satellite GOSAT  "IBUKI"

人工衛星「いぶき」GOSATのWEBサイト

Special contents

[7] プロジェクトに関する情報発信と研究公募

GOSAT プロジェクトでは、ウェブサイトとニュースレターにより情報提供を行っています。また、国内外の一般の研究者に対して研究公募を行い、採択された研究の推進を図っています。

 

 

GOSATプロジェクトのウェブサイト(図26)である当サイトは、最新情報、技術情報、研究公募、事業成果などについての情報を掲載しています。GOSATデータ提供サイトGDAS(図10)ではGOSATプロダクトの検索・注文のほか、画像化したデータの閲覧ができます。ニュースレターも発行しており、当ウェブサイト内でご覧になれます。また後継機GOSAT-2のウェブサイト(図27)には衛星、観測機器などの最新情報を掲載しています。関係者、研究者はもちろん、広く一般の方々へ向けた情報発信も行なっています。

 

図26.GOSATウェブサイトのトップページ  (http://www.gosat.nies.go.jp)

図27.GOSAT-2ウェブサイトのトップページ (http://www.gosat-2.nies.go.jp/)

 GOSATプロジェクトでは環境省・国立環境研究所・宇宙航空研究開発機構が実施する事業や研究活動に加え、国内外の一般の研究者からの研究提案を求める研究公募(Research Announcement, RA)を行っています。これまで8回公募を行い、総計122件にのぼる研究課題が採択されています。採択された研究課題の一覧は、GOSAT ウェブサイトの「研究公募」のページ(http://www.gosat.nies.go.jp/jp/proposal/proposal.htm)に示されています。公募の対象研究分野は、校正、データ処理アルゴリズム、検証、炭素収支推定・大気輸送モデル、データ利用研究の5つです(表4)。日本のみならず海外からも多くの提案があり、世界中の研究者のGOSATプロダクトに対する関心の高さがうかがえます(表5)。また、2008年(東京)、2010年(京都)、2011年(英国・エジンバラ)、2012年(米国・パサデナ)、2013年(横浜)、2014年(つくば)、そして2015年(米国・パサデナ)には、採択課題の研究代表者(Principal Investigator, PI)会議が開催され、活発な議論が交わされています。

 

表4:研究分野別の研究課題採択数

表5:国別の研究課題採択数

サイトポリシー   |   プライバシーポリシー   |    関連リンク    |    用語略語集

    Copyright © National Institute for Environmental Studies. All Rights Reserved.

人工衛星「いぶき」GOSAT